« 131億光年かなたの銀河! | トップページ | とりっくおあとりーこ »

2010年10月30日 (土)

生命体の存在に期待ですね。

地球サイズの惑星は多数=銀河系恒星の4分の1に存在か―日米チーム
時事通信 10月29日(金)3時4分配信

 地球サイズの惑星は従来の予想よりはるかに多く、銀河系(天の川銀河)の恒星が円盤状に集まっている部分では、恒星の約4分の1に地球程度の質量の惑星があるとみられることが分かった。東京工業大の井田茂教授ら日米研究チームが、米ハワイ島にあるケック望遠鏡で5年間観測した成果で、29日付の米科学誌サイエンスに発表した。
 井田教授は「太陽系外の惑星は科学者の想像を超えたペースで数多く見つかっている」と話しており、生命が存在する惑星が見つかる可能性も高まったと考えられる。
 研究チームは、地球から80光年以内と、近い距離にある太陽ぐらいの恒星166個を観測した。恒星から近い距離を、質量がある程度大きい(重い)惑星が公転していると、恒星が重力の影響を受けて揺らぐため、惑星の存在が推定できる。この方法により、22個の恒星では、地球より3倍以上重い惑星が計33個、1周50日以内の近い軌道で公転していることが分かった。
 それより遠い軌道を公転していたり、小さかったりする惑星は、観測ではとらえられない。しかし、このデータに基づくと、恒星の23%に、地球の質量の半分から2倍の惑星が存在する計算になるという。
 ケック望遠鏡は国立天文台のすばる望遠鏡の近くにあり、2019年には次世代の超大型望遠鏡「TMT」(直径30メートル)を国際協力で完成させる計画が検討されている。TMTなら、惑星の大気に生命の存在を示す酸素や有機物が含まれているかどうかが分かるという。

絶対に生命体は存在するでしょ。
どんな生命体が存在するのか乏しい想像力ではなかなか思いつきませんが、
近い将来に地球外生物の存在のニュースが聞けることに期待してます。

しかし、直径30mの望遠鏡ですか。。。すごいな。。
何光年先まで見れるようになるんでしょうね。
2019年にこの望遠鏡が完成したら、興味深い発見がどんどん耳にすることに
なりそうですね。楽しみです。

ついこの前、131億光年先の銀河が確認されたって記事が出てました。
131億光年先ですよ! 想像つかんから眩暈しそうです。

天文はやっぱりワクワクしますね。

(参考)http://www.kusastro.kyoto-u.ac.jp/~iwamuro/LECTURE/OBS/elt.html

|

« 131億光年かなたの銀河! | トップページ | とりっくおあとりーこ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生命体の存在に期待ですね。:

« 131億光年かなたの銀河! | トップページ | とりっくおあとりーこ »