« ラー油おにぎり買ったけど… | トップページ | 来年も真弓監督で! »

2010年10月 4日 (月)

ブラウザIEのシェアが減少?

IEのシェアが6割切る IE9β登場でも減少止まらず
ITmedia News 10月4日(月)12時37分配信

 Microsoftは9月にInternet Explorer(IE)9のβ版をリリースしたが、シェア減少を食い止める効果はなかったようだ。
 分析会社Net Applicationsによると、9月のIEの市場シェアは59.65%と、前月の60.40%から減少した。6~7月にかけてはシェアが回復傾向にあったが、その後は再び減少に転じている。一方、競合ブラウザは小幅ながらシェアを伸ばしており、Firefoxは22.93%から22.96%、Chromeは7.52%から7.98%に増えている。
 バージョン別では、IE8が順調にシェアを伸ばし、29%に達した。Firefox 3.6は17.05%でバージョン別では2位、IE6とIE7がそれに続く。両ブラウザともシェアが減り続けており、それぞれ15.55%と10.39%となっている。9月15日にβ公開されたIE9はシェア0.1%にとどまっている。

このシェアってどういう値から分析したんでしょ。
IEのシェアが 60.40% から 59.65% に減少したってことですけど
誤差の範囲内じゃないの?

ブラウザメーカーはブラウザを提供するから良いけど、
ソフトウェアメーカーにしてみれば、ブラウザが増えるのも
バージョンが増えるのも迷惑以外の何者でもない。

IEもシェアが減ったとは言っても6割あるんでしょ。
じゅうぶんナンバーワンブラウザじゃないですか。

IEもOfiiceもそうだけど、マシンパワーに頼りすぎ。
なんでもかんでも機能化して重くなる一方。
ネットサーフィンだけをする人も多いんやから、
タブなんかも要らんから、もっとシンプルに軽くしてくれ。
機能はアドオンにしてくれ。

|

« ラー油おにぎり買ったけど… | トップページ | 来年も真弓監督で! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブラウザIEのシェアが減少?:

« ラー油おにぎり買ったけど… | トップページ | 来年も真弓監督で! »