« 手こずった夏休みの宿題は? | トップページ | 未来と過去、どっち選ぶ? »

2010年8月27日 (金)

コラーゲンの人工角膜

移植後2年で視力改善=コラーゲンの人工角膜―加オタワ大
8月27日8時43分配信 時事通信

 本物の角膜と同様にコラーゲンを主体とする人工角膜を生合成し、患者10人のそれぞれ片目に移植したところ、2年後に6人で視力の改善がみられた。カナダ・オタワ大のメイ・グリフィス教授らが27日までに米医学誌サイエンス・トランスレーショナル・メディシンに発表した。
 この6人の視力は、コンタクトレンズを装着すれば、アイバンクに提供された死後の角膜を移植した場合と同程度。拒絶反応はなく、周囲の組織から神経が伸びて触ると感じるほか、涙によって酸素が供給される機能も再生したという。
 この臨床試験はまだ初期段階だが、アイバンクは世界的に角膜提供者が不足しており、実用化が期待される。 

すごいなぁ~
マヌケな感想ですけど、本当にすごい技術ですね。
新しい技術がどんどん開発されますね。
研究を重ねる方々の努力、本当に尊敬します。

実用化されることで多くの人に希望を与える技術なので
是非とも実用化に期待します。

全盲の人にも光を…
無責任にもそんな期待をしてしまいますね。

|

« 手こずった夏休みの宿題は? | トップページ | 未来と過去、どっち選ぶ? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コラーゲンの人工角膜:

» メニコンコンタクトレンズ.com [メニコンコンタクトレンズ.com]
こちらはメニコンコンタクトレンズについての情報サイトです。よろしければご覧ください。 [続きを読む]

受信: 2010年9月 8日 (水) 10時07分

« 手こずった夏休みの宿題は? | トップページ | 未来と過去、どっち選ぶ? »