« 梅の花 | トップページ | 神戸のお手柄お巡りさん »

2010年1月27日 (水)

一条工務店の見学会

この前の土曜日(1月23日)にハウスメーカー 「一条工務店」 の
ショールーム見学会に参加してきました。
工場内の見学でタイトなスケジュールだったので写真を撮れなかったくらいに
充実・満足の1日でした。

場所は三重県伊賀市。
朝9時ごろにバスで和歌山を出発して11時過ぎに到着。
なんか遠足気分で楽しかった。
ほのかも眠いのによく頑張った。

ショールームでは、各家族に担当の方がつきっきりで説明してくれました。
基礎や屋根、室内の比較コーナーなどを丁寧に説明してもらいました。
僕らごときにもダンディーで超ベテランな店長さんの肩書きを持つ人が
つきっきりで説明してくれました。
わかりやすいし、流れるような説明で、一条工務店のこだわりや建築方法等を
教えてもらったのと同時に、対顧客の説明の仕方や話し方なども凄く勉強に
なりました。

ハウスメーカーのショールームは初体験だったので、すっかり僕も
童心に戻るというか、おもいっきり楽しんでしまった。
担当の営業さんとも話したんですけど、単なるショールームじゃなくて
もうテーマパークな感じでしたね。

中でも震度7の揺れを体験できたのは良かった。
阪神大震災の揺れを再現したという揺れ。
遊園地では観覧車やコーヒーカップですら僕にとっては絶叫マシンなのに
これを体験するのは勇気が要った。^^;
ほのかが 「おとうさん、がんばれ~」 とか言うし。。

実際に体験してみると、やっぱりすさまじいですね。
今から揺れると分かってるから心の準備もできるし、身構えることもできたけど
それでも前かがみで両手を床についてたにも関わらず、そのままの体勢で
いられない。
これが不意にきたら…やっぱり恐ろしいもんです。
それを体感したあと、一条さんの免震技術を施したものを体験。
揺れはするけど、テーブルの上のグラスから水がこぼれないんやから驚きです。

あと、床暖房の部屋も良かったです。
おもわず寝てしまいそうになるくらいに気持ち良かった。
ほか、ここには工場もあるのでその工場内も説明してくれました。

時間が経ってるのも忘れて楽しんでました。
気がつけば夕方5時。
ものすごく楽しく充実した見学会で、もう満足満足。

しかもね、一条さんのもてなしがまた凄かったんです。

まず行き帰りのバスでは1人に1個ジュースを配ってくれるし、
朝はパンまでくれたし。
昼食は想像以上にすごいゴージャス弁当を出してくれるし、
子供用も凄かったんです。

ガラガラ抽選会では3等のお米を貰ったし、一条クイズというのがあって
それで奥様にありがたいグッズも貰いました。
そのほか、ショールームでは缶ジュースは飲み放題だし、
ほのかはアンパンマンの風船とポップコーンをもらうし。

現地には託児所もあって、もういたれりつくせり。
小さい子供を連れて行っても全然安心でした。

夕方5時半ごろに現地を出発して、和歌山に戻ってきたのが7時過ぎ。
疲れたけど楽しい1日でした。

まだ正直、どこのハウスメーカーにするかは決めてはないんだけど、
一条工務店の印象が更に自分の中では上がりました。
一条さんの思う壺かもしれませんけどね。。。
でも、先週の地盤調査もしっかりとしてくれたし、そのときの印象も
爽やかな好青年たちで良かったんですよね。

無垢材、屋根、樹脂冊子、基礎、床暖房、免震、シロアリ対策、
そのどれもがこだわりがあって、一条さんで建てた家なら安心だな…と
それは間違いないと思ってます。
あとはお金だけですね。

難しいですが、じっくりと考えねば。。

|

« 梅の花 | トップページ | 神戸のお手柄お巡りさん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一条工務店の見学会:

« 梅の花 | トップページ | 神戸のお手柄お巡りさん »