« 一条工務店の見学会 | トップページ | 選手会長、鳥谷 »

2010年1月27日 (水)

神戸のお手柄お巡りさん

真冬の神戸港、飛び込み救助…巡査長お手柄
1月26日15時36分配信 読売新聞

 真冬の神戸港でおぼれていた男性(65)が25日早朝、救助された。110番で駆けつけた兵庫県警葺合署地域2課の平田泰弘巡査長(29)が飛び込んで、一命を救った。

 平田巡査長は「男性が無事と聞いてホッとした。警察官として当然の行為だった」と振り返った。
 同署などによると、午前5時55分頃、神戸市中央区脇浜海岸通沖の海中で、「男性がおぼれている」と通行人から110番。近くでパトロール中の平田巡査長が急行した。約20メートル沖で、男性の頭がぽっこり浮かんでいるのを見つけた。
 「大丈夫か」と声をかけると、力ない様子で手がわずかに動いた。消防は到着していない。「迷っている暇はない。命が危ない」と制服の上着を脱ぎ、高さ約4メートルの岸壁から飛び込んだ。投げ込まれていた発泡スチロール製の浮輪を男性につかませ、体を抱えた。背泳ぎの態勢で岸壁までたどり着き、消防艇に救助された。見守っていた住民たちも大きな拍手を送った。
 当時の水温は9度。男性は低体温症で入院したが、命に別条はなかった。平田巡査長も海から上がると、「急激に寒さで体が鉛のように重くなった」と念のため病院に運ばれたが、点滴を受けて元気に勤務に復帰した。

 平田巡査長は「2005年に警察官になって以来、命にかかわる現場は初めてだった。でもあの場面で飛び込んだことに迷いはなかった」と言い、「人の役に立ちたいと思って就いた仕事。また同じ現場に遭遇しても、同じ行動をとると思います」とキッパリ話していた。

こういうお巡りさんが居てくれることが凄く嬉しい。

冬の海に飛び込むのは物凄く危険な行為。でも、

 「迷っている暇はない。命が危ない」

これですよね。
目の前に助けられる命があったら助けたい。
それは警察官としての使命じゃなくて、人として当たり前の思い。
だからといって誰もがこの行為をとれるもんじゃない。

ちゃんと居るんですよね。正義の味方のお巡りさんが。

このニュースで、『踊る大捜査線』 の和久さん(いかりや長介)の
セリフを思い出しました。

 「こいつが居る限り警察は死なねえぞ」

このお巡りさんにはいつまでもみんなのヒーローであって欲しいです。
こんなクリーンな青年の正義感を濁すようなことのないように
警察組織全体もクリーンであって欲しいって思います。。

|

« 一条工務店の見学会 | トップページ | 選手会長、鳥谷 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神戸のお手柄お巡りさん:

« 一条工務店の見学会 | トップページ | 選手会長、鳥谷 »