« あしたのジョー2、深夜放送中 | トップページ | 今年ももうM1かぁ。。 »

2009年12月18日 (金)

梅は胃炎と糖尿病予防に効能

梅は胃炎と糖尿病予防に効能 和歌山・みなべ町が特許取得
12月17日7時56分配信 産経新聞

 梅に含まれる成分が胃炎や胃がんの原因となるピロリ菌の運動を抑える可能性があり、糖を体内に取り入れる酵素の働きを弱め糖尿病予防にも期待できることが、和歌山県みなべ町と近畿大、県立医大など9機関の共同研究でわかり、同町が16日、研究に関する特許を取得したことを明らかにした。研究者らは「梅干しの効能が科学的に立証された」としている。
 県立医大の宇都宮洋才講師や近畿大の宮沢三雄教授らが、梅の成分でポリフェノールの一種の「シリンガレシノール」にピロリ菌の働きを阻害する効果があることを確認した。また、小腸で糖を吸収する役割の酵素「α-グルコシダーゼ」の作用を妨げ、食事後の血糖値上昇をゆるやかにする可能性も解明した。研究グループによると、梅干しを1日1個以上食べると、胃がんや糖尿病などの予防効果が見込めるという。
 研究は平成13年に始まり、ピロリ菌の運動抑制については15年に、糖の吸収を抑える効果については16年にそれぞれ特許を申請し、6年かけて登録が認められた。宮沢教授は「食べ方によっては医薬品以上の効果を期待でき、かつ副作用は少ない」と話している。
 同町は、地元の梅関係の中小企業に特許を活用してもらう方針で、うめ課の林秀行課長は「既存の梅製品に付加価値をつけられ、新商品の開発につながるかもしれない」と梅の消費促進を期待している。

不況でも健康第一。1日1個で十分なんです。
梅干を食卓に!!
『紀州南高梅』 をどうぞよろしくお願いします。

ちなみに、『サルノコシカケ』 に抗癌作用があると言われてますが、
梅の木にできる 『サルノコシカケ』 が特に良いとも言われます。
梅って神秘的ですねぇ。

|

« あしたのジョー2、深夜放送中 | トップページ | 今年ももうM1かぁ。。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梅は胃炎と糖尿病予防に効能:

« あしたのジョー2、深夜放送中 | トップページ | 今年ももうM1かぁ。。 »