« 高速1000円の影響 | トップページ | 顔面移植女性が会見 »

2009年5月 7日 (木)

古座川でオオウナギ捕獲

1メートルのオオウナギ 古座川町の津本さん捕る
5月7日17時10分配信 紀伊民報

 和歌山県古座川町潤野の農業、津本拓さん(58)が6日、近くの古座川で全長1メートル、重さ4キロ、胴回り30センチのオオウナギを捕獲した。自宅の池に入れており、「大きい」と近所の話題になっている。
 津本さんは、4月20日ごろから2、3日に1回、ウナギを狙うため、ハゼを餌に20メートルのはえ縄を仕掛けている。今までの釣果は50~60センチのウナギ7、8匹。今回引き上げたのは、5日午後5時に仕掛けていた。
 6日午前5時半、仕掛けた場所へ行くと、何かがかかっていた。津本さんは「最初は大きなごみでも引っ掛かっているのかと思ったが、引っ張って河原に近づくにつれ、黒褐色のまだら模様などからオオウナギと分かった。手応えは十分だった」と振り返る。
 うわさを聞いて集まった近所の人は「こんなに大きいのは見たことない」「ちょっと気持ち悪い」などと驚き、「昨年、捕獲し損なったオオウナギとよく似ている。同じのではないか」と話す人もいた。
 津本さんは「4年ほど前に2、3キロほどのオオウナギを捕獲したことがあるが、それ以上の大物は初めて。しばらくは自宅の池で飼おうと思う」と話している。

体長1メートル、ウエスト30センチ…
確かに、見慣れた大きさのウナギじゃないから気持ち悪いやろなぁ。。
でもオオウナギにしては小さい方なのかな?

しばらく自宅の池で飼った後はどうするんやろ?

こんなニュースってなんかホッとするなぁ。

|

« 高速1000円の影響 | トップページ | 顔面移植女性が会見 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古座川でオオウナギ捕獲:

« 高速1000円の影響 | トップページ | 顔面移植女性が会見 »