« スズメバチの出てくる時期やね… | トップページ | 寿司でお茶漬け »

2009年5月25日 (月)

賞金付きツチノコ探し

賞金付きツチノコ探し、50人の大捜索隊も無駄足…糸魚川
5月25日15時15分配信 読売新聞

 新潟県糸魚川市で24日、ツチノコ探検ツアーが行われた。

 4回目となった今回は、東京や富山などから約50人が参加。支援企業が提供する賞金1億円の獲得を目指した。

 古事記にも登場する幻の生き物ツチノコ。地元観光協会副会長の丸山隆志隊長によると、市内でも10件近い目撃情報があり、長さ1メートル弱、一升瓶のような姿とか。

 一行は情報を基に約6時間、山中を捜索。発見には至らなかったが、丸山隊長は「賞金はいつでも出す。糸魚川に来て」と呼びかけた。来年はサミット開催を予定。

"無駄足" って書き方良くないんちゃうの?

ツチノコ探索が目的と言いながらも、自然の中で1日を過ごすことは
すごく良いことだと思う。

新潟まではちょっと遠すぎてなかなか行けないから参加できんけど。。

支援する企業が1億円出すのか。。。
ツチノコがもし本当に発見されたら、この企業のモノになってしまうんよね。
幻の生き物ツチノコの価値は確かに1億なんかすぐに回収できるもんな。

生き物を商売に使うやり方は好かんけど、
夢を提供しつつ、新潟の大自然を味わってもらう観光戦略はうまいと思う。

いつか、ほのかを連れて参加してみたいなぁ。

|

« スズメバチの出てくる時期やね… | トップページ | 寿司でお茶漬け »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 賞金付きツチノコ探し:

« スズメバチの出てくる時期やね… | トップページ | 寿司でお茶漬け »