« 引越しは楽しみもいっぱい | トップページ | いつのまにか »

2009年3月21日 (土)

リンゴ不法投棄

<掘り出しニュース>大量のリンゴ、河原に不法投棄 在庫抱えた農家が廃棄か
3月21日18時11分配信 毎日新聞

 【青森】五所川原市と板柳町の境界を流れる十川の河原4カ所で、リンゴが不法投棄されているのが見つかった。加工用に回った大量のリンゴを処理しきれなかったり、低価格で出荷できなくなってしまい、在庫を抱えた農家が廃棄したとみられている。町は巡回パトロールを強化する方針だ。

 投棄リンゴは一部が腐敗していたが、比較的新しいものもあった。腐敗リンゴは昨年11~12月に投棄されたとみられる。

 青森リンゴは昨年、ひょう被害などを受けて大量の傷付きリンゴが生まれ、ジュースなどの加工用に回ったが加工場も手いっぱいの状態だ。このため、県は「余剰リンゴはできるだけ堆肥(たいひ)に回し、不法投棄はしないでほしい」と市町村に通知していた。同町も堆肥化促進剤の石灰窒素購入費を半額助成している。

 同町のリンゴ農家(67)は「自分のところはすべて売ることができたが、在庫を抱えて苦労している農家もある」といい、県りんご協会の福士春男会長は「引き取り手がなく、困って廃棄したと思われる」と話していた。

うちの実家も農家だし、とても他人事じゃない。
去年だったか、和歌山県でも不法投棄問題があったしね。

「もったいない」 だの 「捨てるくらいならください」 とか
「不法投棄はだめだろ」 とか、
そんなのね、農家のことを全然知らない人たちが言ってる無責任な言葉。
不法投棄がダメってことくらい農家だってわかってるっちゅーねん。

じゃ、無料で差し上げるから5000個引き取ってくださいって言われたら
引き取れるの?

廃棄するにもお金はかかる。
それも収入がない上に出費がかかるんです。

農家にしてみれば、必死に作った作物を捨てるのって
"もったいない" どころの問題じゃない。
雹とか台風とか、自然現象が原因ならうなだれるしかないんよ。

こういう事態を見て国がどう感じてくれるのか、
きっと何か感じてくれてるはずだってことを信じるしかないんかな。。

|

« 引越しは楽しみもいっぱい | トップページ | いつのまにか »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リンゴ不法投棄:

« 引越しは楽しみもいっぱい | トップページ | いつのまにか »