« 国会での漢字テスト | トップページ | 夫として、父親として »

2009年1月22日 (木)

南極の温暖化

南極大陸でも温暖化確認、10年に0・1度ずつ気温上昇
1月22日9時31分配信 読売新聞

 南極大陸でも温暖化が進んでいることが、米ワシントン大などの研究でわかった。

 これまで南極大陸全体での気温上昇はとらえられておらず、地球温暖化の影響が確認されていない唯一の大陸とみられていた。

 成果は22日発行の英科学誌ネイチャーに掲載される。

 研究チームは南極観測が始まった1957年以降の50年間の気象データと、観測衛星のデータを組み合わせ、測候所がない内陸部の気温の変動も類推した。その結果、西南極(南極大陸西部地域)での温暖化が顕著で、大陸全体にならしても平均気温が10年で0・1度ずつ上昇していた。

 従来、各国の基地が集中している南極半島で温暖化が観測されていたが、東南極には気温が低下している地域もあり、大陸全体の状況は不明だった。

10年で0.1度ずつ上昇。。
それがどれほど大変なことか、この値だけだとピンとこない。

ニュースなんかで何年後かには冬がなくなるとか
平均気温が数度あがるとかはよく耳にするけど
それがいかに恐ろしいことなのかがいまいち伝わらないって感じる。

なんか自然現象が起これば温暖化か? って思ってしまうけど、
でも温暖化によるものかどうかの判断ってすごく難しいことなんでしょね。

専門家の方々が調査しての結果だから温暖化には間違いないってこと
やろけど、どっちにしても温暖化を抑制しなくちゃいけないのは既知の事実。

今までの50年とこれからの50年じゃまったく状況が違うからなぁ。。

もっともっと警鐘を鳴らす必要があるんじゃないでしょうか。。

|

« 国会での漢字テスト | トップページ | 夫として、父親として »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南極の温暖化:

« 国会での漢字テスト | トップページ | 夫として、父親として »